血圧を下げる!基礎知識血圧の下が高い

どうして血圧の下が高いのか?

血圧の下が低いというのは動脈硬化が一つの原因です。
緊張した時や運動したときに血流の最大値が高く、落ち着いた状態でも血管が圧迫しているため、血管が詰まっていき、下が高くなります。
血圧が高いというのは一般的に高血圧が伴いますが、高血圧にも本能的高血圧と拡張期高血圧の2つの要因があります。
本能的高血圧は原因は日常生活からくる、年齢とともに血圧が上がっていくものです。女性では更年期障害における高血圧が代表的でしょう。
もうひとつの拡張期高血圧は腎臓の病気によるものをよびます。両者とも、症状としては、動悸、めまい、息切れなどが伴うケースが多いです。

睡眠不足による血圧の下が高いこと

本能的高血圧は原因ははっきりしないものですが、年齢とともに血圧が上がるということは、血流の流れがスムーズにいかなくなることでもあります。
その原因にあたる要因として日常生活によるものと仮定できます。たばこ・飲酒・運動不足が原因のひとつにもあたるので(これらは血圧の下が高くなる傾向は見られます。)、これらを改良していくこともできますが、睡眠不足からくる血圧が下が高くなるということがあるのです。
基本的に睡眠不足は一日6時間以上とることで一番のベストですが、毎日2〜3時間だと睡眠中における血流の流れがうまく進まないうちに、起きている状態で仕事などをしていると動脈硬化の要因の一つとなり、血圧の下が高くなります。
そのうち末梢神経に伝達され、時間があるときに寝ようと思っても眠れないという不眠症をかかえる原因にもなりますので、睡眠時間を十分とることと、眠れないという不眠症になった場合は、心療内科もしくは神経内科にて睡眠導入剤の力を借りることが必要かと思います。

拡張期高血圧による下が高い危険性

一般的に高血圧とよばれるものは、安静時において上が160以上、下が95以上が相当しますが拡張期高血圧の場合は上が140以上、下が90以上と定義されます。
一般的な高血圧に比べると高血圧に相当しないのではないかと思いますが、安静時における正常な血圧値は成人で上が120前後、下が70前後ですから前述でのことは高血圧にはいるのです。
しかし、一般的な高血圧と違う点は、上の数値と下の数値との差が小さいことなのです。
拡張的高血圧は心臓の血圧柏出量が増加する時は収縮期血圧の上昇は大きく、動脈硬化なので末梢血圧の抵抗が上がった場合、拡張期血圧の上がりが大きいといえるものです。
また甲状腺機能亢進症などにようる心拍出量が増加する疾患では動脈硬化による血管弾性の低下が末梢血管に生じれば拡張的高血圧となります。
この予防法としては、日常生活の改善が一番で、肥満ならば食事生活を見直すこと。
また適度な運動をすること。そして嗜好物を減らすことが改善の兆しがみられることがあります。
そうすることで、血圧の下が高いというのは自然と低くなる可能性はあります。 それでもまだ症状が治まらないときは、医療機関においての薬での治療が必要となってくるかもしれません。


このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。
そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

これでほぼ間違いなく血圧は下がると思います。
私自身が実際にやってみたのですから。

ページトップへ
Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.