血圧を下げる!基礎知識血圧の正常値

血圧の正常値について

人種や時代によって、血圧の正常値の基準は少しづつ変化するようです。
WHO(世界保健機関)』や『ISH(国際高血圧学会)』『米国高血圧合同委員会』の定める基準が一般的に広く採用されています。
日本においては2004年12月に、日本高血圧学会が「高血圧治療ガイドライン」に乗っ取って、血圧の正常値は『収縮血圧が130mmHg未満、拡張期血圧が85mmHg』と定めています。
しかし脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化やクモ膜下出血、あるいは狭心症などの血圧に関わる深刻な病気を配慮する中、血圧の正常値の基準は年々、”低い方がなお良し”の方向に向かっているのです。
最近のデータでは、120mmHg未満/80mmHg未満が血圧の正常値の基準であり、この基準を長年に渡りクリアすることが長寿の秘訣とも言えるようです。
20代からなお現在に至るまで、この適正な血圧をクリアしている人は、心臓病のリスクが減って長生きの可能性が大であるという嬉しい報告もされています。
血圧の正常値を保つことは、私たちの健康へのひとつのバロメーターの役割を果たします。
日ごろの食生活や生活習慣に意識を払い、健康的な毎日を常に心掛けましょう。

低血圧と血圧の正常値

一般的に、収縮血圧と拡張期血圧が120mmHg未満/80mmHg未満の場合、その人は血圧の正常値ということになります。
この数値がぐっと下がり、100mmHg未満/60mmHg未満になるようであれば、その人は低血圧であると判断されるのです。
低血圧の人は心臓疾患にかかりにくいなど、高血圧の人と比較すると重い病気のリスクがやや少ないかもしれません。
しかしその反面、”偏頭痛”になりやすかったり、不眠、動悸、立ちくらみやめまいが起こるなどの、日常の体調不良を訴えることも多いのです。
血圧の正常値よりも明らかに違和感のある数値の場合には、肺気腫や喘息、糖尿病や心筋症などの病気が懸念されるので注意が必要です。 メトリジンヤ』『リズミック』などの昇圧剤を処方すれば、低血圧に早い効果を表します。
サプリメントでコエンザイムQ10などを摂るのも良いでしょう。
しかしまず第一に、生活に運動を取り入れる、バランスの良い食事を摂るなどの、定期的な日常のケアが低血圧には何よりも大事なのです。

年齢別の血圧の正常値

年齢別によって血圧の正常値は変化します。 それは血圧の上昇する仕組みに、血管や動脈の柔軟性が関係しているからです。
例えば20代や30代の成人男女の場合、『WHO(世界保健機構)』の定める血圧の正常値は120mmHg未満/80mmHg未満と定められています。 しかし年齢別、特に高齢者となれば話も変わってくるのです。
人の体は加齢と共に、血管の弾力を徐々に失っていきます。
その作用により、高齢者の血圧の正常値は多少上がり、実際には140mmHg未満/95mmHg未満が適正値と考えられます。
乳児や小児は、大人に比べて血圧の正常値がかなり低いものです。
おそらく、血管や動脈に摩耗がなく、血液循環が健全な状態であることが関係しているのでしょう。
血圧の正常値を調べる場合には、年齢別の差異を判断に入れることをお勧めします。


このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。
そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

これでほぼ間違いなく血圧は下がると思います。
私自身が実際にやってみたのですから。

ページトップへ
Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.