最低血圧が高いとどうなる?

最低血圧とは、戻ってきた血液を、心臓が拡張して溜め込むときにかかる圧力のことを言います。
これがいわゆる下と呼ばれるものです。
今までは上、つまり血液が押し出される時にかかる圧力、最高のほうが注目されていましたが、近年アメリカでは最低血圧の方が注目されるようになってきているそうです。
世界保健機構のWHOでは、79mmHg以下を望ましいと考えているそうで、90mmHg以上は高いと判断しているようです。
最低血圧が高くなる原因の一つには老化があります。
高齢に伴い血管が硬くなり、自分で圧力を上げて血液を一生懸命流そうとしていることが原因なんです。
若いうちは血管が太く弾力がありますから、あげようと思っても力が吸収されてしまい、上げることはなかなか出来ません。
若い女の子が低血圧なの、と儚げに言うこともありますが、これは若さ故なんです。
若い人で高い場合は、その太い血管が圧迫されて細動脈が収縮し、上と下の差が少なくなるようです。
これにはさまざまな原因が考えられますが、柔軟性のある血管が徐々に失われていく状態で、とても危険なものなのです。
最低血圧が上がって来ているとおもったら、まずは医師に相談しましょう。
しっかり薬を飲むことで治る方もいますが、実は原因がはっきりしないというのが現実です。
それでも放っておかず、かならず対処してください。

最低血圧は低くても心配いりません

最低血圧は、心臓から送り込まれた血液が戻ってくる時に使われる力のことで、常にその力が心臓にかかっていることを示します。
最低血圧が高いと動脈硬化の危険性もあります。
逆に低いと立ちくらみがしたり、心臓がどきどきしたりします。
自立神経失調症やうつ病と誤診されることもあるのです。
しかし自覚症状がない限り、高いよりは安心です。
それだけ血管が太く、心臓に負担をかけていないということになるんです。
しかし、最低血圧が低くて症状が出るようであれば、何らかの病気の影響があると考えられます。
まずは病気を治療することが先決ですが、思い当たるものがなければ食事をしっかり取ったり、運動や睡眠をしっかりすることが大事といえるでしょう。
最低血圧が低くて頭痛やだるさ、便秘や食欲不振などの体調不良を感じるようでしたら、まずは生活を見直してみることが大切なんです。
ウナギやカボチャ、レバー、納豆、ニンジン、玉ねぎ、ロイヤルゼリーなどが効果的な食材としてあげられています。
また、夜遅くまでおきていることが多い人は、朝型に直しましょう。
毎日10分ずつでいいですから、寝る時間を早めて、布団に入るようにしていくといいです。
生活のリズムを整えることで、低くても健康的に生活することが出来るんです。
このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。


そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

これでほぼ間違いなく血圧は下がると思います。
私自身が実際にやってみたのですから。

ページトップへ
Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.