血圧を下げる!基礎知識血圧の基礎知識

血圧の基礎知識

血圧の基礎知識として、血圧値、血圧の基準、変動、最低血圧、拡張期などの情報。

血圧値

血圧値は正常な数値が、世界保健機構から定められています。その数値を超えると高いと判断され、放っておいては危険です。血圧値を下げるために、日々の食事に気をつけて、減塩を心がけるようにしましょう。調理次第では今までと変わりない味付けを楽しむことも出来るんです。

血圧の基準

血圧の基準はWHOが定めたものもありますが、日本の学会が定めた日本人の特製と考慮した数値もあります。血圧の基準は年齢を問わず、高くない安定した数値になることが望ましいのですが、高齢の方の場合は逆に低い方がいいということもあります。

血圧の変動

血圧の変動は1日の中でクルクルと変わります。正常な方では夜低くなり、昼間高くなります。これが逆になると深刻な病気である可能性もあるのです。血圧の変動はちょっとした動作でもおきますから、測る時には安静にしてから調べるようにしましょう。

最低血圧

最低血圧は、戻ってきた血液が心臓の壁を押す力のことを言います。これが低いということは、血管が太いので圧力が吸収され、心臓に負担がかからないということで、いいことなんです。最低血圧が高いと、動脈硬化を引き起こす可能性があります。加齢と共に高くなっていきますから注意しましょう。

拡張期血圧

拡張期血圧は、主に低い方が健康的であり、心臓に負担をかけないとされています。低ければそれだけさまざまな病気を引き起こす可能性が減るのです。拡張期血圧が高いことで死につながる病気になる可能性は大いに高いのです。

頭痛と血圧

低血圧は血管の拡張により慢性的に、逆に高血圧は収縮から朝目覚めたときに、お互い頭痛が起こりやすくなっています。群発性頭痛の発症にも血管の拡張や収縮が関与しているので、日頃から血圧を正常に保つよう気をつけましょう。

血圧の下が高い

血圧が高い症状では、本能的低血圧と拡張高血圧の2つの要因が大きく左右されます。またに日常説活からくる血圧の下が高いというのも要因の一つです。血圧の下が高いことによる説明と解決策を説明したいと思います。

血圧の正常値

血圧の正常値は年齢別で随分変わります。20代、30代であれば適正であるはずの数値も、高齢者はやや高め、乳児小児はかなり低めになっています。血圧の正常値には該当しませんが、低血圧は心臓の負担が少ない傾向にあるようです。


このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。
そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

これでほぼ間違いなく血圧は下がると思います。
私自身が実際にやってみたのですから。

ページトップへ
Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.