頭痛と血圧

頭痛と血圧は切っても切れない関係です。
低血圧と高血圧、これらは一見真逆の症状に思えますが、頭痛に関してお互い深刻な悩みを抱えているからです。
低血圧の人は、頭痛が慢性化しやすい傾向にあるようです。
低血圧による血管の緩みや拡張が、頭痛を引き起こす原因となりやすいからです。
それに比べて高血圧の人は、偏頭痛など頭痛の有病率が低いという研究結果が出ています。
頭痛と血圧の関連性を示す研究内容が、アメリカにおける医学誌「Neurology」に新しく発表されました。
ノルウェーのトロンヘイム大学病院内、ノルウェー国立頭痛センターが、男女5万1,000人以上に対し血圧測定を実行、その血圧データと頭痛との関連性を調べたものです。
片頭痛の治療に用いられる降圧薬の服用も考慮した結果、高血圧の人は、血圧が正常な人より頭痛が生じる可能性が40%低いというデータがはじき出されたのです。
高血圧の人は、常に血管が収縮気味にあること、または高血圧に伴う動脈の硬化が頭痛における疼痛を和らげることがその理由として挙げられています。
しかし、朝起きぬけの頭痛に関して言えば、高血圧が関係している場合があるのです。
血圧の急な上昇は脳内の血管を無理に広げることになります。
特に高血圧の人は目覚めた直後の血圧の上昇が激しく、それによる脳内の神経の圧迫が、頭痛を引き起こす原因となるようです。
「動脈硬化」「脳梗塞」「クモ膜下出血」「心筋梗塞」「狭心症」などの合併症をおこす心配もあります。
頭痛と血圧の新しい研究結果を念頭に置きながらも、日ごろから皆さん、正常な血圧を保つよう心掛けましょう。

低血圧と頭痛

低血圧の人が頭痛に悩まされているのは良く聞く話しですが、それはなぜでしょうか?
低血圧と頭痛の関連性はまだ完全には解明されていませんが、低血圧による脳の血管の拡張がおそらく頭痛の原因だと推測されています。
低血圧だと脳への血流が少なくなるので、一度に多くの血液をに取り込むために脳の血管が拡張するようになります。
拡張した血管に血液が流れるときに生じる痛み、それが頭痛の原因と考えられているのです。
あるいは、低血圧で血液の循環が悪くなることで首や肩のこりが発生し、さらに血液循環が悪くなることも頭痛の一要因と考えられます。

低血圧の改善には、ビタミンやたんぱく質、鉄分、銅などがふんだんに含まれた食事の接種が効果的です。
例えばコエンザイムQ10など、食事で摂りにくい栄養素にはサプリメントを上手に活用することをお勧めします。
定期的な有酸素運動で血液の循環を促しながら、体の代謝を上げることも大事です。
まずは低血圧を少しでも改善することで頭痛を解消しましょう。

血圧と群発性頭痛

群発性頭痛は男性に多くみられる症状です。
片方の目の周辺に軽い痛みが生じることから始まり、その痛みは「cold spot」と呼ばれています。
年に数回、2-3週間から約1ヶ月の間 、一日の中のある特定の時間に、繰り返し集中して頭痛が起こることが群発性頭痛の特徴です。
痛みに伴って目の充血や涙目、鼻詰まりや鼻水などの症状が出てきます。
そしてその痛みは”何事も手につかず、集中力を絶つ”ほどの痛みです。
群発性頭痛は治療の難しい病気ですが、発作初期に坑偏頭痛薬の酒石酸エルゴタミンを服用すると、いくらか症状を緩和できます。
液で薄めた塩酸コカインを鼻に注入することも効果があるようです。
血管を収縮させるニコチン、反対に血管を拡張させるアルコール、このどちらとも群発性頭痛を発症する要因になり兼ねないので注意せねばなりません。
正常な血圧を保つ努力も必要です。
低血圧はアルコール同様血管の拡張に作用し、高血圧はニコチン同様血管の収縮に作用します。
普段から血圧が安定していることが、群発性頭痛を発症するリスクを少しでも回避します。


このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。
そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

これでほぼ間違いなく血圧は下がると思います。
私自身が実際にやってみたのですから。

ページトップへ
Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.