拡張期血圧は低い方がいい

拡張期血圧とは、最低血圧とも呼び、私たちが普段測定して出てきた数値を、下と呼ぶものです。
体の中をめぐって戻ってきた血液を、心臓が拡張することで受け取ることが出来ます。
血液を溜め込むと血管壁に圧力がかかります。
これが下といわれる拡張期血圧というものなのです。拡張期血圧とは、最低血圧とも呼び、私たちが普段測定して出てきた数値を、下と呼ぶものです。
体の中をめぐって戻ってきた血液を、心臓が拡張することで受け取ることが出来ます。
血液を溜め込むと血管壁に圧力がかかります。
これが下といわれる拡張期血圧というものなのです。
血液を送り出すのも戻すのも、力が必要なのです。
一般的に若い方でしたらこの数値は低くなるものです。
血管が太いために圧力が吸収され、力を必要としないからです。
低い分にはかまわないんです。
体調に問題がなければ、心臓に負担をかけない健康な体となるわけです。
しかし拡張期血圧が低いためにめまいがしたりふらついたり、朝起きられないなどの症状を伴う場合があります。
日常生活に問題がなく体も辛くなければいいのですが、辛い場合には生活を見直す必要があります。
睡眠時間をしっかりとり、夜更かしをしないこと、食事はバランスよくとり、適度な運動をすることなど、健康的に生活することで体調不良は徐々に改善されていくことでしょう。
拡張期血圧の数値の目安は、世界保健機構では79以下が望ましいとしています。
低くてもあまり心配する必要はないのです。
逆に90以上は危険信号です。
低い分にはかまいませんが、高くなるとさまざまな疾病を引き起こす可能性があります。
しっかりと測ってみることをおすすめします。

拡張期血圧が高いとさまざまな病気を引き起こします

血圧値は人種によって変わります。
違いはあっても世界保健機構では正常な数値を定めていますから、見てみましょう。
血圧値の正常な数値は、収縮130mmHg未満/拡張85mmHg未満としています。
収縮140mmHg以上/拡張90mmHg以上に、両方もしくは片方がなった場合は、高血圧と判断されます。
正常な数値になるよう病院に通っている方も多くいることでしょう。
収縮140mmHg以上/拡張90mmHg以上では軽症ですが、放っておけば重症へと変わっていきます。
血圧値が高ければ高いほど、脳卒中が起きたり心筋梗塞になるのです。
そのまま倒れて亡くなってしまったり、半身不随になる後遺症を起こすこともあります。
そうなるまえにしっかりと治療したいものです。
血圧値が高い人は、食事にも気をつけなければいけません。
減塩をすることが必要ですが、それでは物足りないと感じることでしょう。
しかし、減塩をしてもしっかりと味を楽しむことの出来る料理はたくさんあります。
素材を上手く使って調理することで、料理を楽しむことを諦める必要はないのです。
また、にんにくには血管を柔らかくする効果があるといわれていて、臨床試験や動物実験でも認められています。
サプリメントなどで補うようにするといいでしょう。


このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。
そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

これでほぼ間違いなく血圧は下がると思います。
私自身が実際にやってみたのですから。

ページトップへ
Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.