血圧の変動を毎日同じ時間に測って調べてみよう

血圧は変動を1日の中で繰り返します。 時間帯にもよりますし、精神状態や季節によっても変わるものなんです。
血圧は変動するものですから、正確な数値を求めるためには、毎日同じ時間に測る必要があります。
違う時間に測れば当然数値も変わりますから、正確な状態を知ることが出来なくなります。
血圧の変動は、朝起きてから徐々に上がっていき、肉体的にも精神的にも活動が活発になると上昇していきます。
そして夕方から低下し始め、夜眠ってから午前3時頃に最も低くなります。
これが一般的な1日の動きとなります。
しかし、リズムが乱れてしまうとこのように行かなくなります。
昼間高くて夜低い人はディッパー型と言われ、昼間低くて夜高い人はノンディッパー型と呼ばれています。
ノンディッパー型は乱れた血圧の変動で、重症の患者さんが多いようです。
自分はどうなっているのか、毎日時間を決めて測ってみましょう。
朝起きてからトイレを済ませて、15分ほど気持ちを落ち着けて座りましょう。
測る前の食事やカフェイン飲料、タバコは控えてください。
息を整え測り、また夜寝る前にも測ります。
これを毎日行うべきなのですが、自分の起きる時間と寝る時間が守られえていれば、大体同じ時間に測ることができます。
生活のリズムを守ることも必要なんです。

血圧の変動は生活習慣や季節で変わります

血圧の基準は数年毎に見直しがされています。
これまでは1978年に制定されたものが用いられてきましたが、1999年に改定されて、収縮140以下、拡張90以下を正常としています。
血圧は変動を繰り返していますから、数分後に測っても変わる場合があります。
例えば1回目に測ったときには160/90mmHgだったのに、数分後に140/80mmHgへと変わることもあるのです。
血圧の変動は、飲み物やタバコを吸うことでも変わってきますので、最低でも15分間はそういったものを口にせず、静かに座っていることが望ましいのです。
血圧の変動幅は10〜30mmHgが通常です。
寝ている間は低く、朝食から昼食にかけて時間帯が最も高くなります。
そして夕方にかけてまた低くなっていくのです。
食事だけではなく、立ったり座ったりするだけでも変わるんです。
入浴やトイレなど日常の行動で変化が生じるんです。
春から夏と秋から冬にかけても変わってきます。
季節の変わり目や、冬の寒さなどでストレスを感じて高くなることがあります。
血圧の変動が10〜30mmHgなら特に問題はありませんが、高血圧の方や高齢者は上昇しやすくなります。
これは、血管に弾力性がなくなって、血液を一生懸命押し出そうとするからなんです。
高齢の方でないのに上昇するのは、日常的な生活に原因があると考えられます。
肥満や塩分の取りすぎなど食事にかかわることや、ストレスや喫煙などがあります。
上昇しやすい体質というものは遺伝をします。
両親とも高ければ1/2、片親が高ければ1/4の確率で遺伝するそうです。
生活習慣からなることが多いのですから、まずは生活を改めてみる必要があります。


このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。
そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

これでほぼ間違いなく血圧は下がると思います。
私自身が実際にやってみたのですから。

ページトップへ
Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.