血圧を下げる!高血圧高血圧と頭痛

高血圧と頭痛の関係

高血圧と頭痛は切っても切れない関係にあります。高血圧の方はこれが起きやすく、その原因もまだ分かっていません。
更に高血圧のこの症状には危険な症状のものもあるのでこれが続くようであれば医師に相談してみましょう。
最高血圧が平均174、最低が平均100という未治療の高血圧の場合には3分の1の方が起床時にこれを感じるようです。
そして血圧を下げる薬を飲むことによって軽減されるというのでこれはもう血圧の上昇や下降に関係していると考えるのが普通でしょう。
血圧上昇によって脳内の血管が急に広がり、脳内の神経が刺激されるために頭痛が起きるのではないかと考えられていますが、起床直後によく起こるのは睡眠中に脳に溜まった炭酸ガスを早く排出しようと脳の血管が急に広がるためだと言われています。
これだけならあまり危険性はないのですが、これと共に動悸や痙攣、意識障害などがある場合には重い腎臓病や褐色細胞腫などの可能性もあるので直ちに治療が必要でしょう。
すぐに救急車を呼んで下げるための治療を受けるか、治療中の場合にはすぐに医師に相談しましょう。
そういった症状が続く方は高血圧のせいだろうと考えている場合が多いので危険がすぐに発見出来ないのです。早期発見、治療のためにも普段と違う症状は見逃さないようにしましょう。

高血圧と偏頭痛

高血圧が頭痛を和らげるという驚くべき研究結果を出した方が居ます。
血圧の高い人は正常な人に比べて偏頭痛などの頭痛の有病率が少ないというのです。
理由としては血圧が高いに伴う動脈の硬化が疼痛に対する感受性を低下させるためだということです。
しかしこれは治療しなくてよい、薬は飲まなくてよいという訳ではないので注意しましょう。
研究内容としては1つ目が血圧と糖尿病との関連を検討したもの、2つ目が測定と頭痛に関する質問表を評価したものです。
研究の結果として最大血圧の高い患者ほど正常な人より頭痛が生じる可能性が40%も低かったのです。
また、脈圧の高い患者ではこれの有病率が50%も低いことが判明しています。
これは今後の頭痛や偏頭痛のメカニズムの解明に役立つ可能性があるとされています。
しかし、実際には高血圧の患者ほどこの症状を感じる方は多く、現在治療中の方にとっては何の慰めにもならないような気がします。
偏頭痛というのは慢性的なものなのであまり血圧とは関係がないようにも思います。
こういった研究結果を見て、治療をやめたり薬の服用を中止することは絶対にやめましょう。
血圧が落ち着くまでは決して治療をやめずに頑張って完治するようにしましょう。


このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。
そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

これでほぼ間違いなく血圧は下がると思います。
私自身が実際にやってみたのですから。

ページトップへ
Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.