血圧を下げる!高血圧若年性の高血圧

若年性の高血圧

若年性の高血圧とは主に若年性高血圧症の事を指します。
では、その定義とはどのようなものなのでしょうか?
基準となる正常値は20歳男性で最高血圧は123ミリ、女子では118.7ミリとなっています。(正常範囲±12.7ミリ)
最低血圧は、男子で73.8ミリ(±9.5_)、女子で72.1ミリ(±7.1ミリ)です。
そして高血圧とは日を変えて測った血圧がいつも最高150ミリ以上か最低90ミリ以上の場合を言うようです。
噛み砕いて言うと、字の通りなのですが若いのにいつも血圧の高い人の事です。
特に遺伝的と言うわけでも無く原因は分かっていない場合を、本態性高血圧症と言い、若年性高血圧症の大半はこちらに当てはまります。
それに対して原因疾患のはっきり分かっているものは二次性もしくは続発性若年性高血圧症と呼ばれています。
その原因疾患として最も多いとされているのはあらゆる腎疾患なんだそうです。
その他の原因として内分泌疾患(原発性アルドステロン症、コルチゾールを過剰に分泌するクッシング病、クッシング症候群、バセドウ病など)があります。

若年性高血圧の予防

私たちは様々な方法で若年性高血圧を予防出来ます。
例えば何となく血圧の高そうなイメージのある肥満。
これを解消する事だとか3食きっちりと食事を取る事。
出来るだけイライラしないようにする事など普段の生活でちょっと気を付ければ済むような事で予防が出来るのです。
お酒やタバコはもちろん高血圧にも悪い影響を与えます。
これらも出来るなら避けたいものですね。
そして何より検査を定期的に受ける事が重要です。
若くして高血圧なんてなかなかピンとこないので血圧を普段から測定している人は少ないと思いますが、やはり自分の血圧を知り、それが高いのか低いのかを分かっておくのが大切です。

若年性高血圧の治療

若年性高血圧の治療は本態性高血圧症の場合、食事療法や薬物療法が考えられます。
私は以前妊娠中毒症にかかり高血圧に苦しみました。
その時の治療は主に食事療法によるものでした。
炭水化物を控え、高たんぱくで低カロリーな食事を心がけました。
それに加えて塩分制限があり、これが1番困りました。
毎日摂る食事で味が薄くなりがちなので塩のあまり入っていないケチャップやポン酢などをうまく使って味が薄くならないように工夫しました。
塩を直接摂りたい場合も料理に入れるより振り塩、つけ塩にすると量がぐっと抑えられ味もしっかりと感じられます。
薬物療法は降圧剤が使われるのですが、私の場合は妊娠中と言う事もあって使ったのは出産直前に170まで血圧が上がった1度だけでした。
しかし降圧剤の治療がどうしても必要な方もいらっしゃいます。
1度薬物治療を継続的に行うとなかなかやめられず苦労されると言うのも聞いた事がありますので、出来る事なら薬に頼らない食事で治療出来るのが望ましいのではないかと思います。


このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。
そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

これでほぼ間違いなく血圧は下がると思います。
私自身が実際にやってみたのですから。

ページトップへ
Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.