血圧を下げる!高血圧早朝高血圧

早朝高血圧はなぜ危険?

早朝高血圧という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
健康を管理する上で、誰でも簡単に調べることが出来る数値ですが、高いのを気にして降圧剤を飲んでいる方もいるかと思います。
早朝高血圧は、昼間は低くなったのに、起きた時に高くなってしまう現象のことなんです。
確かに1日の中で変動するものです。
気分によっても食事の前後でもだいぶ変わります。
朝高くなってしまうというのは、非常に危険な状態です。
早朝高血圧の起きる朝型から午前中にかけての時間帯というのは、脳卒中や心筋梗塞などが非常に多く発生する時間帯でもあるのです。

予測発症率を100%として、実際にどれくらい発症しているかを表したグラフがあります。
これを見ると圧倒的に午前6時から正午にかけてが多いのです。
同時に心筋梗塞や狭心症発作も、この時間帯に多く起こっているとの報告もあるんです。
早朝高血圧とは、このようなことから、時間帯が関係あるとして注目されているものなのです。
なぜこの時間帯に高くなるのかというと、夜働きが弱まった交感神経が、朝になると再び活性を始めます。
そうすると急激に上昇し、さらには血液の流れが悪くなり、固まりやすいという現象も起きてしまうのです。
毎朝毎晩数値をチェックして、気になるようでしたらお医者さんに相談してみましょう。

早朝高血圧を治すには記録が大切

早朝高血圧とは、朝方から午前中にかけて、交感神経の活発化により急激に数値が上昇することを言います。
言葉通りの意味合いですが、これは非常に危険なのです。
脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性が高く、命に関わってくるからです。
早朝高血圧であると診断された患者は、薬を飲んでいても60%以上いることが分かっています。
降圧剤を飲んでいて昼間は落ち着いても、朝になると高くなるというと方がたくさんいるのです。
自分は大丈夫と思わず、管理を行ってお医者さんに見てもらうことが大切です。
今は家庭用の測定器も安く販売しています。
まずは毎日測って記録をしましょう。
起床後、まずはトイレを済ませ、朝食を食べたり薬を飲む前に測るようにしてください。
食事や薬に影響されて正しい数値が分からなくなってしまいます。
早朝高血圧は、起床後1時間以内と、寝る直前、この2回に分けて毎日同じ時間に測ることが大切です。
静かに気持ちを落ち着けて座った状態で測り、全て記録してください。
早朝高血圧は、このような記録と共に、薬によって治療を行います。
朝までしっかり長時間効く薬や、朝飲んでいたものを夜飲むように変えたりと、医師の指示によって変更されます。
こうした対処の仕方で治していくのです。


このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。
そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

これでほぼ間違いなく血圧は下がると思います。
私自身が実際にやってみたのですから。

ページトップへ
Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.