血圧を下げる!高血圧更年期障害での高血圧

更年期障害での高血圧

40代を迎えるにあたって、女性の体に異変がおこることがあります。
頭・顔のほてり、のぼせから、頭痛やめまいが常時生じるようになるのです。
また、血圧を測ると著しく高くなったりします。
実は、病院で診察してみたら、「更年期障害」と判断される場合があるのです。
更年期障害とは、50〜52歳に大抵の女性が閉経を迎えるにあたり、卵巣ホルモンだけでなく、あらゆるホルモンのバランスが悪くなり、働きが低下してくる時にみられる障害です。
脳からの命令ホルモンのバランスも崩れると、自律神経のバランスも崩れ、ホルモンのバランスの低下・ばらつきが様々な症状を生み出しているのが原因です。
また成人病の一つである高血圧が伴うこともあります。
40代前半までは血圧はむしろ低いほうだったのに、更年期が訪れると、急に血圧が上がって、高血圧の体質に変わることがあり、それも、急に動悸が走ったり、緊張から血圧が急に上がったりするのです。
このような高血圧は更年期高血圧症とも呼ばれています。

更年期高血圧症の治療方法

高血圧の医療治療は、最大血圧が140mmHg以上あるいは最小血圧が90mmHgの場合、薬等の投用が必要になってきますが、その範囲外である高血圧の場合、日常生活でコントロールすると対処できる場合が多いです。
まず、肥満傾向に走ることもあることから、血糖値・コレステロール・中性脂肪がつきやすくなります。食生活において、これらを抑えることが重要であり、高血圧を抑える予防の一つになります。
例えば、コレステロールの多い食事として、卵がありますが、2日に1個ぐらいの量で十分栄養はとれます。後、野菜を多く取ることが一番のお勧めです。
血糖値・中性脂肪に関しては、数値を徐々に落としていけるお茶も市販されています。
毎日かかさず適量を飲み続けると数ヶ月後に数値がコントロールされるというデータがでているのです。
あと、適度な運動をすることも予防のひとつです。
買い物をするとき、ついつい車や自転車を利用していることが多く、歩くことを忘れていないでしょうか?
家事での更年期障害は辛いだけでやはりたまに休憩も必要ですが、ちょっとした外出の際はなるべく歩くことを心がけることをお勧めします。

更年期高血圧症のたばことお酒

若年性高血圧の治療は本態性高血圧症の場合、食事療法や薬物療法が考えられます。
たばこ・お酒を両方とも取らない方は別ですが、片方かあるいは両方共接取する方はやはり、量を減らすことが一番となってきます。
アルコールだと、日本酒1合、ビールならビン1本程度ならば、さほど悪影響はないそうです。
ただ、飲みすぎというのに気をつけることが大切であります。
外で働く女性にすると、付き合いからどうしてもお酒の席に参加してついつい飲みすぎなんてこともあるかもしれないので、ある程度自分でセーブできるようになりたいものですね。
たばこの喫煙は心臓病・脳卒中・肺炎などの原因で死亡率が禁煙者の1.8倍の効率であるとデータで挙げられています。
なので、たばこを吸う人は自身の死亡率が約2倍になること、平均寿命が10年近く短くなると多少考えなくてはいけません。
なるべくなら、更年期障害をきっかけに、禁煙をお勧めします。
このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。


そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

これでほぼ間違いなく血圧は下がると思います。
私自身が実際にやってみたのですから。

ページトップへ
Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.