血圧を下げる!高血圧白衣高血圧

白衣高血圧は別の病気のサイン

白衣高血圧とは、医師や看護師さんに測ってもらうと、緊張などで血圧が高くなってしまうことを言います。
これは誤診されやすく、本当に高いのだと診断されてしまうことがあるのです。
白衣高血圧の方は、診察時には150を超えることもあるそうです。
同時に脈拍数も多くなりやすいんです。
それを、15分ほど落ち着いて座らせ、もう一度測りなおすと150以下になっていることがほとんどなんだそうです。
こういう方のほとんどは、やはり診察時に緊張すると答えています。
白衣高血圧になりやすい方は、正確に判断することが出来ません。
医師が気づいてくれればいいのですが、気づかれずに降圧剤を飲んでは大変危険です。
日ごろから家庭でも測るようにしておくといいでしょう。
白衣高血圧になる方は、外来患者では20%いるそうです。
これは日ごろ自分で測っていて、病院に行ったときだけ高くなっていると分かっていても、そこから本物に進行する可能性もあります。
また、この症状が出る方は、コレステロール値や中性脂肪が正常の方よりも高いということが分かっているのです。
本物の高血圧の人と同じ薬物治療などを行うことは、まずありません。
ですが、ただの緊張と思わず、健康診断などを受けて体の不調を見つけられるかもしれません。
体が危険信号を自分で発していると言えるのです。

白衣高血いないか記録をとろう圧になって

白衣高血圧と診断される人がいます。
病院で測ってもらうと、決まって数値が高くなってしまうことがあります。
そういった人たちの症状を呼ぶのです。
普段は正常値でも、病院で測ると必ず200を超えてしまう人もいるんだそうです。
白衣高血圧とは、人間のデリケートな一面をあらわしているもので、これは緊張や恐怖の表れなんです。
あの白い布を着た人を見ると、体が勝手に緊張してしまうんです。
緊張やストレス、季節などの外的要因は、おおいに数値を変化させるものです。
誰にでも起きる可能性があるんです。
一方でその真逆の人もいます。
それは仮面白衣高血圧と呼ばれ、病院では低く、自宅では高くなる人のことを言います。
どちらも医師は気づきにくく、誤診されてしまうことがあります。
それを防ぐためにも、日ごろから記録をとり、病院と自宅とで違うかを確認するべきでしょう。
白衣高血圧に、自分はなっていないとは思わず、試してみてください。
また、自宅での記録を医師に見せるのはとてもいいことです。
病院でも測ってみて、これが白衣高血圧だときちんと診断されますし、治療の役にも立つのです。
毎日時間を決めて数値を記録し、それをまとめて病院の検査を受けましょう。


このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。
そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

これでほぼ間違いなく血圧は下がると思います。
私自身が実際にやってみたのですから。

ページトップへ
Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.