血圧を下げる茶を自分で作ろう

血圧を下げる茶というのは、市販商品にもいろいろあります。
杜仲茶や黒豆、ゴーヤなどもそれに含まれます。
中でも特に目をひくのがたまねぎです。
血圧を下げる茶としては、かなり効果を期待できるもののようです。
自分で作ることも出来るんです。
まず玉ねぎの茶色の皮をむき、それをせんじて飲むのです。
3個分の皮はよく水洗いして乾燥させ、500mlの水と一緒に鍋に入れて沸騰させます。
沸騰後は中火にして3分。
そのあとは茶漉しで漉して飲んでください。
外側を使うのは意外かと思いますが、実はお味噌汁のダシや野菜スープのダシとしても利用できるんです。
この茶色の皮には利尿効果があるといわれています。
排泄を促して血圧を上昇させる物質を抑制する働きがあるそうなんです。
ですから血圧を下げる茶としてはとても有効的だと言えます。
さらに黄色い色素はケルセチンというものなんですが、これも高血圧予防に非常に有効だといわれています。
とても万能な食材なんです。
たまねぎを、血圧を下げる茶として飲むなら、1日3回飲んでください。
食事と一緒にとるようにするといいでしょう。
決して美味しいわけではありませんが、普段捨ててしまっているものを有効利用できるのですから、お手軽です。

血圧を下げる茶なら手軽なティーバッグ

血圧を下げる茶としてその効果を高く評価されているのは玉ねぎです。
料理をしていて捨てるだけの皮を、煮るだけで簡単に作れます。
元手がかからないのがいいですね。
血圧を下げる茶を自分で毎日作るのは面倒、続かなさそうという方は、市販で購入してもいいと思います。
楽天市場で玉葱皮茶を販売しています。
皮を粉末にしてティーバッグにしたので、紅茶を飲む感覚で入れることが出来るのです。
お湯を注ぐだけですからとても簡単です。
使用しているのは北海道北見産のものです。
他の皮と比べると一目瞭然ですが、厚みが違います。
とても厚くて向こうが透けて見えないほどなんです。
それだけ成分も変わってきます。
血圧を下げる茶、玉葱皮茶は、無味無臭で飲みやすく、ダイエットにも効果的です。
体を暖めて血流を良くしてくれます。
血流がよくなれば心臓は無駄な動きをしなくて済みますから、血圧が下がるということなんです。
血圧を下げる茶を毎日そのまま飲んでもいいですが、無味無臭ですから料理に使うのもいいでしょう。
お味噌汁や煮物に入れて一緒に摂取すればいいんです。
これなら無理なく続けることが出来そうです。
楽天市場で2,940円で購入出来ます。
手軽にサッと飲んで、健康を維持しましょう。


このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。
そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

これでほぼ間違いなく血圧は下がると思います。
私自身が実際にやってみたのですから。

ページトップへ
Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.