血圧を下げる!食べ物・飲み物血圧を下げる食事

血圧を下げる食事は工夫次第でいつも美味しく

血圧を下げる食事の仕方は、きちんとした療法になります。
生きていく上で栄養を取るために欠かすことのできないものです。
献立や調理方法などを工夫して、減塩しながら作ってください。

血圧を下げる食事では、塩分は1日6グラムにとどめるようにしましょう。
6グラムってすごく少なく感じますが、意外と調理をしているうちに入っているものなのです。
血圧を下げる食事で、例えば朝食では食パン6枚切り2枚に1.6グラム入っています。
スクランブルエッグを作って0.3グラム、バターを塗って0.1グラム、サラダにかけるドレッシングに0.4グラムと、朝食だけで2.9摂取することになるのです。
夕食ではチキンカツに塩とパン粉がついて0.3グラム、ソースに0.5、サラダにドレッシングが0.4で1.2グラムの摂取となります。
血圧を下げる食事では、このように一つ一つの食品や調理方法を考えて、しっかり減塩することが可能なのです。
この例では、昼食に1.6とって1日の合計が5.7となっていますから合格です。
減塩といっても、極端に料理の内容を変えるのではなく、素材を生かしたり調理法を変えるだけでいいんです。
ちょっとした工夫で品数も減らすことなくおいしく食べられるのですから、がんばってみましょう。

血圧を下げる食事は、食材に含まれている塩分を把握しよう

血圧を下げる食事では、塩分を取り過ぎないようにすることが大切です。
食材にもともと入っている分を考慮しなければいけません。
血圧を下げる食事をするためには、含まれている塩の量を把握しておく必要があります。
6枚切りの食パン1枚には0.8g、ゆでうどんには0.7g、はんぺんには60g中0.9g、イカの塩辛は20g中に1.4g含まれています。普段何気なく食べているものの中にも、しっかりと入っているのです。
血圧を下げる食事をするには、漬物や佃煮、干物やハムなどを控えるようにしましょう。
そして麺類を食べるときには、つゆは全部飲まないでください。
レモンやお酢の酸味を楽しみ、のりやシイタケなど香りのあるもので工夫するといいでしょう。
そして調味料は目分量をやめ、計量スプーンなどでしっかりと計って入れるようにしてください。

血圧を下げる食事には、主食と主菜と副菜をそろえるようにし、バランスよく食べることが大切です。
炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラル等、必要な栄養をしっかり取ることでさらに効果が大きくなるのです。
また、動物性脂肪を控えて、植物性脂肪を適量とるようにしましょう。
植物性脂肪には、血中コレステロールを減らす働きを持っているのです。
このように性質を知って知識をもとに料理をするようがんばりましょう。


このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。
そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.