血圧を下げる薬にはいろいろな種類があります

血圧を下げる薬は降圧剤や降下剤と呼ばれています。
高くて困っている人にとっては嬉しい効果がありますが、どんな作用があるのでしょう。
血圧を下げる薬には、利尿作用のあるものがあります。
腎臓でろ過された血液は、水分のような成分へと変わり、尿と一緒に排泄されます。
そのため腎不全で高い方は、この薬を用いることが多いのです。
血圧を下げる薬には、アドレナリンを遮断するものもあります。
アドレナリンは交感神経を刺激されることで発生し、人間を興奮状態にします。
スポーツなどをしている時に起こるものです。
これを抑えるものですが、成人病にはあまり有効ではないようです。
また高齢者が服用することで副作用の危険も高まるのです。
血圧を下げる薬には他に、カルシウム拮抗降下剤や、血管拡張降下剤などもあるのです。
カルシウム拮抗降下剤では、ノルバスクというものがあり、安定するまでは2ヶ月から半年かかることもあります。
早く治したいからと言ってたくさん飲まないでくださいね。

どれも長期の治療を必要としますから、根気よく飲み続けなければいけません。
なぜこのようにいろいろあるのかというと、高くなってしまう原因は人それぞれ違うからなんです。
症状によって処方するものが変わるのは当然だからなんです。

血圧を下げる薬に頼らず食事と運動を

血圧を下げる薬にはいろいろあり、医師の処方をもとに飲んでいる方はたくさんいるかと思います。
しかし、血圧を下げる薬に頼りたくないと思っている方もいることでしょう。
治療は長く続きますし、根気よく何年も飲み続けなければいけません。
病院にそのたび行くのも大変だし、逆にストレスになってまた上昇してしまうこともあるかも。
血圧を下げる薬に頼りたくないなら、普段の食事に気をつけてみましょう。
にんにくや納豆は、下降させる効果があるとされています。
またナスや貝柱にもその効果が強く入っているんだそうです。
他にも食材はたくさんありますが、それらを塩分控えめ、お酢多めにしたり、甘いものを控えて果物を取るようにすることで、だいぶ改善されることと思います。
血圧を下げる薬に頼らず、食事と運動にも力を入れてみましょう。
といっても激しい運動をする必要はありません。
エアロビクスやウォーキング、水泳やサイクリングなどの有酸素運動が効果的です。
適度な運動で充分ですが、時間が取れないという方もいるでしょう。
普段の通勤では自転車をやめて歩いたり、エスカレーターやエレベーターは使わず階段を使ったりするだけでだいぶ変わるんです。
普段の生活でも気にしてみてください。


このサイトは上記のように血圧を下げるための色々な情報を多方面から調べています。
特に力を入れたのが「食事」「飲み物」「運動」など、日常生活で気をつければよいことです。
しかし、血圧を下げるということはそれほど単純なことではなく、普段の食生活や運動などに気をつけるだけでは難しいこともあります。
そのような場合に薬なども考えるとよいかもしれません。
この記事を書いている本人も高血圧だったので、このようなサイトを作ったわけですが、現在は問題ないぐらいになっています。
実は、色々やってみてダメだったので、知り合いから「藤城式食事法」のことを聞いたのです。
もう、絶対怪しいと思ったのですが、改善しなければ全額返金ということだったので、ダメもとで買ってやってみました。
これが嘘のように血圧が下がったのです。
このサイトに来てくださった方のために、その「藤城式食事法」をご紹介します。
以下のサイトに説明があり、購入できます。

これでほぼ間違いなく血圧は下がると思います。
私自身が実際にやってみたのですから。

ページトップへ
Copyright © http://ketsuatsu-sageru.com/ All Rights Reserved.